離婚調停に関する情報をまとめました。

MENU

夫婦間での話し合いによる解決が難しくなった際に、第三者が介入して和解に導く離婚調停ですが、調停に挑む前に基礎知識だけでも頭に叩き込んでおいてください。
弁護士にサポートを依頼する場合も同様です。

 

離婚調停の場は夫婦間の言い争いとは違い、第三者を味方につけて戦略的に進めなければ勝ち目はありません。慰謝料・財産・親権など、相手側としても一歩も譲れない戦いだということを理解しておいてください。

 

1人で戦う場合はもちろんですが、弁護士に依頼する際も調停の流れや用語を理解していないと100%の効果を発揮することはできません。いくら腕の立つ弁護士が最善の戦略を提示したとしても、実際に発言し交渉を行うのはあなた自身なのです

 

 

 

基礎知識

 

調停のメリットをしっかりと理解すると共に、反面デメリットが存在することを知りましょう。
また、おおよその流れを知ることで思いの他長期戦になることを理解していただけると思います。

 

調停のメリットデメリットボタン

調停の流れボタン


 

 

 

 

 

離婚原因について

 

無数にあるように思う離婚原因ですが、実は民法により認められる原因や結婚生活を継続できない致命的な理由がはっきり定義されています
自身のケースはどれに当てはまるのかをしっかり把握しましょう。

 

調停員、家庭裁判官に対しても法的に認められる事由があることをアピールすることが最も効果的です調停の場では、感情論は通用しないと思ってください
ヒステリックになればなるほど自身が不利な立場になってしまいます。

 

離婚原因ボタン

 

離婚申立てボタン

 

 

 

 

 

お金の問題

 

離婚時に最も焦点となるのが、財産の配分と慰謝料額です。
特に難しい用語が並ぶ分野ですが、金銭的に損をしたくなければ是非一読してください。
また、財産や慰謝料は離婚時の財産や所得を元に算出されます。

 

もし「これから離婚話を切り出そう」と思っている方で夫婦の共有財産やパートナーの預金・所有財産を把握していない場合は、離婚話を切り出す前に調べ尽くすことをお薦めします
離婚が具体的になってくれば当然相手に渡す金品を減らすために財産は過少申告したくなります。
危険を察知され、隠されてしまう前に相手の所得・預金・所有財産を知っておきましょう

 

財産分与

慰謝料

養育費



 

 

 

 

 

子供の問題

 

子供の親権問題は金銭には変えられない重要な問題です。
親権の判断では経済的観点が問われるとともに、本人の意思が尊重されます。
今後しっかりと子供を養っていけるということを客観的に示すことと、子供本人の意思をしっかり確認しておくことが大切です。

 

親権ボタン

子供の名字と面接交渉権ボタン


 

 

 

この他にも、戸籍の変更・配偶者の親族関係・共通の友人関係・子供の気持ちなど様々な問題が発生します。これらの派生的な問題も定期的に掲載していきたいと思います。