慰謝料が貰える事例と貰えない事例の違いとは?

MENU

慰謝料

 

慰謝料とは、「被害者に与えた精神的な苦痛に対して、その賠償として支払われる金銭」のことです。浮気が原因で離婚するのなら、浮気をしてしまった方が相手の配偶者に支払うことになります。

 

但し過去の判例において、

「夫が暴力を振るい、家庭を顧みず仕事もせず生活費も入れない状態で、
妻が働きに出てその仕事先で出会った男性と不貞の関係になった。」

という離婚事例では、慰謝料を支払わせるという判決は出ませんでした。
「すでに婚姻が破綻していた」という状況だったからです。

 

 

とはいえ、慰謝料は明らかに婚姻を破綻させた原因を作った側に支払う責任があることは間違いありません。慰謝料は離婚後であっても請求することはできますが、3年を過ぎると時効で請求権は消滅しますので注意が必要です

 

ちなみに離婚原因で一番多いのは「性格の不一致」なのですが、この原因の場合責任は五分五分と見なされ慰謝料の請求はできません。

 

また、それ以外の原因であっても調停や裁判で責任が五分五分と見なされれば、慰謝料の請求はお互いに出来ません。

 

 

慰謝料の金額の相場は?

再確認ですが、慰謝料とは、「精神的あるいは肉体的苦痛に対する賠償」です。
ですから一概に金額はいくらと算定することができません。
精神がどのくらい傷つくなんて明確に数値化できませんよね。

 

以下に、慰謝料を決定付ける要因を挙げます。

離婚の有責性の程度

・離婚原因は何か?(浮気・DVなど)
・どの程度だったか?
・期間はどのくらいか?
・それはどのくらいの裏切りか?

精神的苦痛の程度

・ノイローゼ
・うつ病
・自殺未遂
・精神科へ通院
・暴力でケガ
・浮気による性感染症

請求者の年齢・生活力

・年齢
・財産
・再婚の可能性
※一般的に女性が請求する場合、男性の場合よりも高くなることが多いです。

請求される人の経済力

・年齢
・職業
・収入
・配偶者への生活費の有無
※年収200万円の相手に1000万円の慰謝料を請求しても、支払い能力がないのは明らかです。逆に、年収1億円の相手なら1000万円なら払えそうな気がしますよね。

その他

・婚姻期間
・別居期間
・別居中の生活費等
・子供の人数と年齢
・その他の状況

 

結局いくらくらいなの?

結論から言うと、200~400万円程度が最も多いようです。(司法統計調査より)
また、この金額は財産分与と慰謝料を合算させて、いわゆる「解決金」として支払われるケースも多いので、慰謝料だけの相場と必ずしも言い切れません