離婚前に決めておかなければならないこととは?

MENU

離婚する前に決めておきたいこと

 

離婚の種類には、

・夫婦の話合いだけで決める「協議離婚
・家庭裁判所での裁判の手続きをする「判決離婚」「和解離婚」「離婚調停」「裁判離婚」「承諾離婚」

があります。
9割近くは「協議離婚」です

 

しかし、全ての離婚に言えることですが、離婚届けが受理されないと法律上は正式な離婚と認められません。離婚届には夫婦と成人2人の証人の署名と捺印が必要となります

 

また、離婚する夫婦に未成年の子供がいる場合は、夫または妻のどちらが親権者になるのかを決めないと、離婚届けは受理してもらうことはできません。

 

 

離婚前に決めておかなければいけないこと

離婚前に決めておかなければいけないことは大きく3点あります。

離婚後の名字(姓)

妻の姓を旧姓に戻すか、夫の姓のままにするかということです。
夫の姓を使う場合は、夫の許可は不要です。

未成年の子がいる場合の

親権者

親権者を決めないと離婚することができません。
子供の監護者(子供を実際に育てる)と親権者を別に定めた場合は、面会させる条件なども決める必要があります。話し合いで決定できない場合は、家庭裁判所の調停で決めることもできます。

財産分与・慰謝料・養育費

離婚で1番大事と言っていい、お金の問題です。
財産分与
結婚中に夫婦が協力して稼いだ財産(夫婦共同財産)は、基本的には半分ずつにします。
慰謝料
離婚の原因となった方が被害者の精神的苦痛に対する支払い分となります。
養育費
未成年の子供の生活費で、子供を引き取らなかった方が育てる側に払うのが普通となっています。

 

離婚における決めごとは、できれば離婚前に決めておきたいと思います。
しかし、

・どちらかが話し合いに応じない場合
・提示された離婚金銭面の条件が不利となっている場合
・DVなどが原因で顔を合わせることが苦痛な場合

などは、最低限の要件だけ済まし、急いで決めてしまうことはありません。
財産分与、養育費、慰謝料などは離婚後に決めることも可能です