離婚に関する気になる記事をご紹介!

MENU

離婚コラム

 

某掲示板で繰り広げられた出来事

過去に某掲示板において「自分が離婚原因を起こしたとしても、離婚する時は女性が必ず慰謝料が貰える」と勘違いした方がいたようです。
掲示板上では笑い話になっていますが、念のため、目を通して注意しておきましょう。

 

参照:http://kijyosokuhou.blog.fc2.com/blog-entry-646.html

 

 

何で「バツイチ」って呼ぶの?

離婚経験者のことをよく「バツイチ、バツニ」などと呼びます。これは戸籍に離婚したという証明としてバツ印が記載することから、俗称としてバツが一個、二個などと呼ぶようになったそうです。

 

離婚の原因ランキング

 

1位 性格が合わない
2位 異性関係
3位 家族親族と折り合いが悪い
4位 異常性格
5位 精神的に虐待される
6位 性的不調和
7位 妻の浪費癖
8位 同居に応じない
9位 暴力を振るわれる
10位 家庭を捨てて省みない

1位 性格が合わない
2位 暴力を振るわれる
3位 異性関係
4位 精神的に虐待される
5位 生活費を渡してくれない
6位 夫の浪費癖
7位 家庭を捨てて省みない
8位 異常性格
9位 性的不調和
10位 家族親族と折り合いが悪い

 

離婚や夫婦に関するあらゆる相談をうける離婚カウンセラーという人がいます。
基本的には相談者が「どうしたら幸せになれるのか」を見つける手助けをしてくれます。
なんと相談者は女性よりも男性の方が多いらしいです
年齢的には「30代…35%」、「40代…45%」と30~40代の方が多いようです。

 

夫から離婚を突きつけられた妻が相談にきた場合には、妻側の努力で離婚を回避することもあるようですが、夫が相談に来た場合、妻の意思が固いのでほとんどの方が離婚してしまうようです

 

女性が離婚したいと相談にくる場合、「性格の不一致」という原因が多く、思い描いてた結婚生活と違うと思ってしまうケースが多いそう。

 

しかし、専業主婦の場合、離婚する前に「生活費が捻出出来るか」という問題があります。
仕事、住まい、子供の学校など色々な問題もあります。
その場の感情で「離婚!」と言ってしまっては大変なことになりますから、思いつきで口走ってはいけません金銭的な事はきちんと考えて準備しないといけないのです

 

⇒離婚の際に要求できる金額についてはこちらをご覧下さい。

 

お金がなくても住むところがあればなんとかなるという考えもありますが、実家に戻った場合など「児童扶養手当」がもらえなくなる可能性があります
しかし、食費や子供の見守りなどでの面で利点が多いのは事実です。
自立するまで実家にいるというような期間限定で考えてみてもいいかもしれません。

 

離婚式とは

最初の離婚式は2009年。離婚はなるべくおおっぴらにしないというのが世間一般の風潮であるため、開始直後はピリピリとした雰囲気に包まれるそうです。

 

離婚式

しかし、結婚指輪をハンマーで叩き潰した瞬間に空気が変わったそうです。2人の顔がパッと明るくなって自然に拍手が沸き起こり、最後には「感動した」という人も出てきたそうです。
その後クチコミなどで増えていき、今では離婚式をする人が増えているんだとか。

 

挙式のタイミングは、離婚届けを出す直前が一般的ですが、中には離婚をして数年経ってからという元夫婦もいらっしゃるそうです

 

片方の再婚をきっかけに、家族としてのけじめのためにお子さんも交えて挙げたりする人も。

 

式は離婚の経緯説明と友人挨拶、二人の最後の共同作業として結婚指輪をハンマーで叩き潰すというのが基本の流れです。潰された指輪を見て、「もう元には戻れない」と実感する人が多いそうです。

 

利用者は、結婚式に来てもらった方に離婚報告を兼ねて挙げる夫婦が多く、周囲も「円満離婚」として腫れ物扱いせずに済むというメリットがあるようです。
おかげで再婚やその後の元夫婦共通の友達付き合いなどがスムーズに出来たという声もあります。

 

また、自分たちが離婚に納得するための純粋なセレモニーとして挙げるケースも多く、とある熟年離婚の元夫婦は、30年の長い結婚生活が離婚届一枚の提出だけで終わってしまうことに納得がいかなかったからということでした。

 

ちなみにプランナーさんにとっての難関は、離婚式で説明する離婚理由の擦り合せだそうです。
打ち合わせは夫婦別々に行うため、例えば妻は金銭問題、夫は浮気などと離婚の理由が違ってくるのだとか。

 

離婚をマイナスとしただけでなく、人生の再出発として前向きに捉えてほしいものです。
式後に離婚を取りやめる夫婦もいるらしいので、なんにせよ改めて関係を見直すいい機会になるのではないでしょうか